気管支喘息

監修:鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科 呼吸器内科学教授 井上 博雅 先生

治療や心がけること

①薬の使用

気管支喘息の治療薬には、
▽毎日基本的に使用する薬(症状を予防する薬)
▽発作や息苦しさがある場合に使用する薬

があります。

●症状を予防する薬の使用
毎日規則的に、気道の炎症を抑えたり、気道を拡げたりする薬(吸入ステロイドや抗ロイコトリエン薬など)を使用します。

●発作が起きたときに使う薬の使用
発作を鎮めるために、吸入後すぐに気管を拡げる作用がある薬(短時間作用性気管支拡張薬)を使います。

気管支喘息治療の主な薬

毎日規則的に使う薬(症状を予防する薬)
●吸入ステロイド薬(吸入薬)
気道の炎症を抑えるお薬です。炎症が悪化するのを抑えます。
●抗ロイコトリエン薬(内服薬)
ロイコトリエンという物質の作用を抑えることにより、気道の炎症を抑えて、気道も拡げる作用があります。
●テオフィリン製剤(内服薬)
気道を拡げるお薬です。気道の炎症を抑える作用もあります。
●長時間作用性気管支拡張薬(吸入薬)
長時間気道を拡げる作用があり、症状を出にくくするお薬です。

発作が起きたときに使う薬
●短時間作用性気管支拡張薬(吸入薬)
吸入後すぐに気道を拡げる作用があるので、発作を鎮めるために使います。

②規則的な薬の使用と治療の継続

一時的に症状がなくなったとしても気道の炎症は残っています。規則的に薬を使用するなど、治療の継続はとても大切なことです。きちんと治療を行っていると、風邪をひいても軽い症状で抑えることができます。咳喘息の場合も、気道に炎症が起こり小さな刺激にも過敏になっている状態です。喘息と同様に炎症を抑える治療を医師の指示通りに継続して行いましょう。