慢性すい炎

監修:産業医科大学 名誉教授 大槻眞先生

症状は?

すい臓の働きが徐々に悪くなると、
▽おなかから背中に、抜けるような痛みがある
▽胃薬や鎮痛薬を飲んでも痛みや重苦しさが治まらない
▽アルコールや脂っこいものを食べた後、おなかがじくじく痛む

といった症状が出てきます。検査ではまだ異常のないこともありますが、この段階で治療を開始することが重要です。

機能検査 アミラーゼ 正常または上昇
血糖値 正常
PFD試験 正常(消化吸収の力)
画像検査 腹部超音波検査 正常
超音波内視鏡 軽い異常が出ることがある
コンピュータ
断層撮影(CT)
正常

慢性膵炎診療ガイドライン2015年(第二版) 改訂第二版 日本消化器病学会編 を参考に作成

進行してすい臓の働きが失われると、
▽やせる
▽糖尿病の症状が出る
▽大量の軟便や下痢(脂肪便)になることがある

この段階になると検査でも異常が見つかるようになります。

機能検査 アミラーゼ 正常または低下
血糖値 異常(糖尿病になることがあります)
PFD試験 異常(消化吸収の力が低下します)
画像検査 腹部超音波検査 異常
超音波内視鏡 異常
コンピュータ
断層撮影(CT)
異常

慢性膵炎診療ガイドライン2015年(第二版) 改訂第二版 日本消化器病学会編 を参考に作成

自分でチェックし、医師又は医療関係者にも相談してみましょう。