糖尿病性神経障害

監修:東京都済生会中央病院 顧問 松岡健平先生

糖尿病性神経障害って?

糖尿病になると、高血糖によって末梢神経が侵されます。
体のすみずみに張り巡らされている末梢神経には、
▽感覚神経(痛みや温度を感じる)
▽運動神経(手や足を動かす)
▽自律神経(自分の意思と関係なく自然に心臓や胃腸など内臓の働きを調整する)

があり、それぞれに異なった働きを持っています。
これら末梢神経の細胞は高血糖によって知らないうちに壊れていき、本来持っている働きが十分できなくなります。
これが糖尿病性神経障害です。糖尿病の三大合併症のひとつです。

末梢神経の働き

 

血糖値が高くなると神経は知らないうちに壊れていきます
■ 健康な人の神経断面図では神経線維が規則正しく並んでいます(図A参照)。
■ 糖尿病性末梢神経障害が進行して痛みを感じなくなり、足に潰瘍の見られる患者さんでは、神経障害が進んで神経線維が細くなり、壊れて数も少なくなっています(図B,C参照)。

図:糖尿病患者さんの末梢神経の変化(神経の断面)

A:正常例。丸い輪のように見えるのが神経線維。たくさんの神経線維が束になって神経を作っている。
B:初期の糖尿病患者さん。すでに減少している。
C:神経障害が進行した患者さん。神経線維がわずかになっている。こうなるともう痛みを感じない。

糖尿病神経障害の新知識 東京医学社を参考に作成

※神経障害の症状の進行についての一般的な話です。 いきなり進行する人もいればゆっくり進行する人もあり、必ずしも絵のようになるとは限りません。